一般病院に転院

現在の年収には満足していますか?

病院と介護施設とを比べると、給料面でかなりの違いがあります。
中には高給な介護施設もあるかもしれませんが、基本的に、介護施設の給料というのは病院に比べると劣っています。
介護施設の仕事は、病院に比べると落ち着いていますし、急変などもあまりありませんから、精神的に楽に働く事ができます。
そのような業務内容から見れば、病院のほうが給料が高いのは、当然なのかもしれません。
しかし、基本給自体が低いので、当然ボーナスや有給休暇などの支給額も低くなります。
年収で考えてみると、何十万円もの差が出てくる場合もあります。

 

私は老健で働いていますが、看護師が不足している職場は本当に多いのが現実です。
病院とは違い、老健というのは、利用者が在宅復帰出来るように支援するところなのですが、特養の空きを待っている方が、
繋ぎとして利用しているケースが増えている為、看取りをする事が増えて来ています。
老健というのは、本来ならばあまり医療を必要としないのですが、医療を必要とする利用者が増え、
看護師の仕事も病院並みになってきています。
急変も増えている為、看護師の人数が少ない施設はとてもハードです。

 

このような現状を考えると、たとえ介護施設であっても、もっと給料をアップして欲しいと思ってしまいます。
これから、もっと高齢化社会が進みますから、さらに介護施設のあり方が変わってくる可能性があります。
もしかしたら、病院と変わらないような業務内容になるかもしれません。
介護施設での看護師不足を解消する為にも、給料の見直しをしてもらいたいと思いますよね。
上を見たらキリがないのですが、現在の年収には満足できていない、というのが正直な気持ちです。
改善されるまでには、まだ時間がかかるかもしれません。